fbpx
シミュレーションゴルフ販売ゴルフランド

インドア練習場でのシミュレーター導入事例

東京都の「サンクチュアリ六本木店」様に、弊社ゴルフシミュレーター「JoyGolf Smart+(スウィングプレート付き)」を設置いたしました!Smulator Case Studies

ゴルフランド社製シミュレーションゴルフ「JoyGolf Smart+」を設置

今回の設置場所は、東京都港区六本木のゴルフスクールサンクチュアリ様です。

古い他社製品のシミュレーターから最新機種に入れ替えたいとのご相談を受け、弊社最新モデルを設置させていただきました。

設置場所のサイズ

設置場所図面準備中

打席マットがかなり使い込まれていたので、スウィングプレート導入とともに打席部、スタンスマットを新しいものに入れ替え、ほつれた人工芝もきれいにするご提案をいたいました。

今回導入させていただいたゴルフシミュレーターは以下のサイズに対応しています。

JoyGolf smart+ブースサイズ参考

クッションマットブース
  • 最小ブースサイズ幅3000×奥行5000×高さ2700
  • 標準ブースサイズ幅3500×奥行5500×高さ2900
  • 打席周りに障害物が無いスッキリ設計

シミュレーションゴルフブース制作の流れ

施工前
床を剥がしてスウィングプレートの機器を設置

今回の設置は入れ替えなので、他社製品と古い設備を解体するところから始めます。

機器を取り除き、打席部のマットをはがした後、床を一段下げてスウィングプレートの機器を取り付けていきます。

スウィングプレートを導入しますと、画面の傾斜に合わせて床が斜めに動くため、より臨場感あるプレイが実現できます。

打席マットとスタンスマットを配置
ターゲット的を取り除きスクリーンを貼る

機器を取り付けたら専用の台を置き、新しい打席マットとスタンスマットを設置します。

使い古されたターゲット的は取り除き、映像を映すスクリーンを全面に貼ります。このままだと周りの光で映像が見えづらくなるので、銅管ブースと暗幕でブースの形に仕上げていきます。

ゴルフランド社製シミュレーションゴルフ「JoyGolf Smart+」を設置

サンクチュアリ様のご厚意で、ゴルフランドと弊社主力製品「JoyGolf」のロゴ入り暗幕を採用していただきました。

3/25日にはゴルフランドとサンクチュアリのコラボイベント「レディースマスターズカップ」が開催されます。大会のもようはSNSなどで配信しますので、ぜひ弊社アカウントのフォローよろしくお願いします。

ゴルフシミュレーター導入の流れ

現場打合せ、スクリーン等部品発注、センサーテスト設置工事、動作チェック製品説明

スクリーン発注後、約2週間ほどで機器のお引渡しとなり、ブース設置工事は1~2日で完了いたします。

設置後のアフターケア

メンテナンスを別会社に任せているメーカーもありますが、弊社は営業担当者が設置工事にも携わっておりますため、製品のトラブル解決から「スクリーンや人工芝」などの消耗品の手配まで、自社が一貫してサポートいたします。

設置後のアフターケアに関しましては、打合せ時に担当者よりご説明いたします。

ご相談・お見積り・資料請求は無料です。
  • お電話での問い合わせ0120-276-668いつでもお気軽にご連絡ください
  • WEBからのお問い合わせ24時間受付

他の導入事例もご覧くださいOther introduction cases

top