fbpx
ゴルフランド|シミュレーター販売

個人宅でのシミュレーター導入事例

東京都の個人宅様の一室に、弊社ゴルフシミュレーター「Joygolf Smart+」を導入いたしました!Smulator Case Studies

東京都の個人宅様の一室

今回の設置場所は、お医者様のご自宅です。

部屋の広さは十分ですが、天井が斜めに上がっているため、クッションマットとセンサー取付部に加工が必要でした。

設置場所のサイズ

設置場所図面準備中

部屋の一室を全てシミュレーションゴルフルームとして利用されるので、今回の施工は全面をクッションマットで覆うタイプのブースを採用しています。

今回導入させていただいたゴルフシミュレーターは以下のサイズに対応しています。

JoyGolf smart+ブースサイズ参考

クッションマットブース
  • 最小ブースサイズ幅3000×奥行5000×高さ2700
  • 標準ブースサイズ幅3500×奥行5500×高さ2900
  • 打席周りに障害物が無いスッキリ設計

シミュレーターブース制作の流れ

施工前
角度がついた天井に合わせてクッションマットを加工

床に人工芝を貼っていただいた段階で、天井と両壁にクッションマットを敷き詰めていきます。

天井が斜めに上がっていく構造になっているため、両壁のクッションマットは角度に合わせて斜めに加工して貼っていきます。

照明スイッチがクッションマットと被るので一部切り取り
天井の角度に合わせてセンサー取付部分を加工

右壁の証明スイッチがちょうどクッションマットに被ってしまうため、一部を切断しています。

今回導入されるゴルフシミュレーターは、天井にカメラセンサーを取り付けるタイプのため、天井の角度に合わせてセンサー取付部分を斜めに加工します。

天井のセンサーと打席位置の調整を行い動作確認する
入口から床に人工芝を貼って臨場感を出す

打席位置をセンサーの反応範囲に合わせて微調整して納品完了となります。

お部屋の入り口から人工芝を貼っているので、部屋に入った瞬間からゴルフ場の臨場感がある素敵なゴルフブースに仕上がっています。

ゴルフシミュレーター導入の流れ

現場打合せ、スクリーン等部品発注、センサーテスト設置工事、動作チェック製品説明

スクリーン発注後、約2週間ほどで機器のお引渡しとなり、ブース設置工事は1~2日で完了いたします。

設置後のアフターケア

メンテナンスを別会社に任せているメーカーもありますが、弊社は営業担当者が設置工事にも携わっておりますため、製品のトラブル解決から「スクリーンや人工芝」などの消耗品の手配まで、自社が一貫してサポートいたします。

設置後のアフターケアに関しましては、打合せ時に担当者よりご説明いたします。

ご相談・お見積り・資料請求は無料です。
  • お電話での問い合わせ0120-276-668いつでもお気軽にご連絡ください
  • WEBからのお問い合わせ24時間受付

他の導入事例もご覧くださいOther introduction cases

top