fbpx
シミュレーションゴルフ販売ゴルフランド

社内施設・共用部でのシミュレーター導入事例

大阪の企業様に、福利厚生の一環で弊社ゴルフシミュレーター「JoyGolf Smart+」を設置いたしました!Smulator Case Studies

※お客様とご相談のうえ、予定通り設置いたしました。作業員は必要最低人数、全員マスク着用、各種消毒を徹底し、感染症予防対策に努めております。

ゴルフランド社製シミュレーションゴルフ「JoyGolf Smart+」を設置

今回の設置場所は、書類置きとして使われていた倉庫の一室です。

ゴルフ好きな社員様が多いとのことで、福利厚生としてシミュレーションゴルフの導入をご検討いただけました。

設置場所のサイズ

設置場所図面準備中

元が倉庫なため天井高が低く、ドライバーを振ると天井に当たってしまいます。そのため、改装時に天井を抜いていただき、スイングできる高さを確保していただきました。

今回導入させていただいたゴルフシミュレーターは以下のサイズに対応しています。

JoyGolf smart+ブースサイズ参考

クッションマットブース
  • 最小ブースサイズ幅3000×奥行5000×高さ2700
  • 標準ブースサイズ幅3500×奥行5500×高さ2900
  • 打席周りに障害物が無いスッキリ設計

シミュレーションゴルフブース制作の流れ

施工前
ワイヤーネット取り付け

改装後のお部屋にてブース施工を始めていきます。

クッションマット仕様のブースだと壁を立てる必要があるのと、全体的に圧迫感が出てしまうため、今回はワイヤーネットで壁と天井を保護するネットブース仕様にて施工。

専用金具でセンサーを取り付け
床に人工芝を貼り、スクリーンを取り付ける

天井を抜いた後にH鋼が何本か残っているので、スイング軌道をずらしてセンサー位置を調整して設置します。

スクリーンを貼り、床に人工芝を貼りますと、殺風景だった倉庫がスタイリッシュなゴルフブースに変わっていきます。

開閉式ネットブース

急な荷物の搬入や掃除のしやすさなどを考慮し、出入り口側のワイヤーネットは稼働式にし、開閉できるようにしてあります。

社員の皆様で和気あいあいとプレイしていただき、とても喜んでいただけたので嬉しい限りです。

ゴルフシミュレーター導入の流れ

現場打合せ、スクリーン等部品発注、センサーテスト設置工事、動作チェック製品説明

スクリーン発注後、約2週間ほどで機器のお引渡しとなり、ブース設置工事は1~2日で完了いたします。

設置後のアフターケア

メンテナンスを別会社に任せているメーカーもありますが、弊社は営業担当者が設置工事にも携わっておりますため、製品のトラブル解決から「スクリーンや人工芝」などの消耗品の手配まで、自社が一貫してサポートいたします。

設置後のアフターケアに関しましては、打合せ時に担当者よりご説明いたします。

ご相談・お見積り・資料請求は無料です。
  • お電話での問い合わせ0120-276-668いつでもお気軽にご連絡ください
  • WEBからのお問い合わせ24時間受付

他の導入事例もご覧くださいOther introduction cases

top