fbpx
シミュレーションゴルフ販売ゴルフランド

個人宅でのシミュレーター導入事例

沖縄県設置ラッシュ第一弾!うるま市の個人様ご自宅に、弊社ゴルフシミュレーター「JoyGolf Smart+」を設置いたしました!施工の流れも動画でご覧いただけます。Smulator Case Studies

※お客様とご相談のうえ、予定通り設置いたしました。作業員は感染症対策に努めております。

ゴルフランド社製シミュレーションゴルフ「JoyGolf Smart+」を設置

沖縄での設置依頼が立て続けにあり、今回はうるま市の個人宅様です。

敷地内に専用のプレハブを建築し、シミュレーションゴルフを置きたいとのご相談をいただきました。

設置場所の概要やシミュレーター仕様

外での設置となるため、光が入らないように設計段階から打合せさせていただきました。電気系統など必要な情報を共有させていただき、プレハブは施主様にて建築していただきます。

今回導入させていただいたゴルフシミュレーターは以下のサイズに対応しています。

JoyGolf smart+ブースサイズ参考

クッションマットブース
  • 最小ブースサイズ幅3000×奥行5000×高さ2700
  • 標準ブースサイズ幅3500×奥行5500×高さ2900
  • 打席周りに障害物が無いスッキリ設計

シミュレーションゴルフブース制作の流れ

施工場所
施工前

打ち合わせ通りの寸法で建築していただけたので、中は広々として余計な物もなく、非常に設置しやすい環境でした!

ブースは銅管+ワイヤーネットに暗幕を貼るタイプを提案させていただいたので骨組みとなる銅管枠から作っていきます。

ブース施工
プロジェクター施工

壁から若干のクリアランスを取り、ネットがボールの衝撃を吸収しやすくしています。スクリーン裏は一番衝撃が強くなるのでネットを二重にして補強します。

室内にパイプを何本か通していただいているので、プロジェクターとセンサーはパイプ間を板でつないで位置を調整します。

施工の進みをよりわかりやすく感じていただくため、今回は施工の様子を動画でご覧いただけるようにしてあります。

施工参考動画

ゴルフシミュレーター導入の流れ

現場打合せ、スクリーン等部品発注、センサーテスト設置工事、動作チェック製品説明

スクリーン発注後、約2週間ほどで機器のお引渡しとなり、ブース設置工事は1~2日で完了いたします。

設置後のアフターケア

メンテナンスを別会社に任せているメーカーもありますが、弊社は営業担当者が設置工事にも携わっておりますため、製品のトラブル解決から「スクリーンや人工芝」などの消耗品の手配まで、自社が一貫してサポートいたします。

設置後のアフターケアに関しましては、打合せ時に担当者よりご説明いたします。

ご相談・お見積り・資料請求は無料です。
  • お電話での問い合わせ0120-276-668いつでもお気軽にご連絡ください
  • WEBからのお問い合わせ24時間受付

他の導入事例もご覧くださいOther introduction cases

top