fbpx
シミュレーションゴルフ販売ゴルフランド

ゴルフバーでのシミュレーター導入事例

沖縄県那覇市のゴルフバー兼工房様に、弊社ゴルフシミュレーター「JoyGolf Smart+(左右打ち対応)」を設置いたしました!Smulator Case Studies

ゴルフランド社製シミュレーションゴルフ「JoyGolf Smart+」を設置

今回の設置場所は、那覇市でゴルフバーと工房を兼用で運営される店舗様です。

将来的にはゴルフバー形態にするとのことで、左右打ち対応、オートティーアップ、スウィングプレートを付属で設置しています。

設置場所のサイズ

設置場所図面準備中

施主様の希望でオートティーアップシステムを導入するため、打席部を一段上げ、スクリーン手前から傾斜をつけて打ったボールが戻ってくるように床を施工します。

今回導入させていただいたゴルフシミュレーターは以下のサイズに対応しています。

JoyGolf smart+ブースサイズ参考

クッションマットブース
  • 最小ブースサイズ幅3000×奥行5000×高さ2700
  • 標準ブースサイズ幅3500×奥行5500×高さ2900
  • 打席周りに障害物が無いスッキリ設計

シミュレーションゴルフブース制作の流れ

オートティとスウィングプレートの型枠を施工
機器を設置し、打席マットを配置

床に木枠でオートティーアップとスウィングプレートの土台を組んでいきます。

機器を床に設置したら、上から打席マットをスタンスマットを設置し、見た目を綺麗に整えます。

打席部から一段下げて傾斜をつける
コース上で傾斜があると自動的にスウィングプレートが動く

打席部に三角に加工したマットを置くことで、戻ってきたボールを左右に振り分けて玉詰まりを防ぎます。

スウィングプレートを設置すると、プレイ中の画面傾斜に合わせて自動で床が斜めに動きます。平面のままプレイするより臨場感が高まるのでおすすめです。

ゴルフシミュレーター導入の流れ

現場打合せ、スクリーン等部品発注、センサーテスト設置工事、動作チェック製品説明

スクリーン発注後、約2週間ほどで機器のお引渡しとなり、ブース設置工事は1~2日で完了いたします。

設置後のアフターケア

メンテナンスを別会社に任せているメーカーもありますが、弊社は営業担当者が設置工事にも携わっておりますため、製品のトラブル解決から「スクリーンや人工芝」などの消耗品の手配まで、自社が一貫してサポートいたします。

設置後のアフターケアに関しましては、打合せ時に担当者よりご説明いたします。

ご相談・お見積り・資料請求は無料です。
  • お電話での問い合わせ0120-276-668いつでもお気軽にご連絡ください
  • WEBからのお問い合わせ24時間受付

他の導入事例もご覧くださいOther introduction cases

top