fbpx
シミュレーションゴルフ販売ゴルフランド

社内施設・共用部でのシミュレーター導入事例

鹿児島県の企業様に福利厚生の一環で、弊社ゴルフシミュレーター「JoyGolf Smart+」を設置いたしました!Smulator Case Studies

※お客様とご相談のうえ、予定通り設置いたしました。作業員は感染症予防対策に努めております。

ゴルフランド社製シミュレーションゴルフ「JoyGolf Smart+」を設置

今回の設置場所は、社屋2Fの空きスペースです。

社員の皆様が利用できる福利厚生施設として、ゴルフシミュレーターの導入を検討いただけました。

設置場所のサイズ

設置場所図面準備中

お客様より、自動ティーアップ機能を付けたいとの要望があったため、天井をくり抜く工事と、打席前からの傾斜工事を行っていただきました。

今回導入させていただいたゴルフシミュレーターは以下のサイズに対応しています。

JoyGolf smart+ブースサイズ参考

クッションマットブース
  • 最小ブースサイズ幅3000×奥行5000×高さ2700
  • 標準ブースサイズ幅3500×奥行5500×高さ2900
  • 打席周りに障害物が無いスッキリ設計

シミュレーションゴルフブース制作の流れ

施工前
スクリーン手前に傾斜をつける

ゴルフブースは施主様手配にて工事を行っていただき、最終的に弊社がグラスウールで仕上げを行っています。

打席手前からスクリーンまでは傾斜をつけていただき、打ったボールが打席部まで転がってくるようにしてあります。

自動ティーアップ設置前
自動ティーアップ設置

事前に、自動ティーアップ機器を設置する部分を開口処理する打合せをしていたため、機器の導入はスムーズに終わりました。

傾斜を転がってきたボールは打席部下に集められ、自動ティーアップへと運ばれていく仕組みです。

打席部を整えて納品完了

最後に打席部を整え、センサー位置を調整して設置作業完了となります。

横幅も十分なスペースがあるので左右打ち対応にし、自動ティーアップ機器操作ボタンは足元に当たらないように右壁側コンソール前に設置してあります。

ゴルフシミュレーター以外にも、ランニングマシンなどのトレーニング機器の設置も行う予定とのことなので、普段ゴルフをやらない社員の皆様にも弊社製品で楽しんでいただければ幸いです。

ゴルフシミュレーター導入の流れ

現場打合せ、スクリーン等部品発注、センサーテスト設置工事、動作チェック製品説明

スクリーン発注後、約2週間ほどで機器のお引渡しとなり、ブース設置工事は1~2日で完了いたします。

設置後のアフターケア

メンテナンスを別会社に任せているメーカーもありますが、弊社は営業担当者が設置工事にも携わっておりますため、製品のトラブル解決から「スクリーンや人工芝」などの消耗品の手配まで、自社が一貫してサポートいたします。

設置後のアフターケアに関しましては、打合せ時に担当者よりご説明いたします。

ご相談・お見積り・資料請求は無料です。
  • お電話での問い合わせ0120-276-668いつでもお気軽にご連絡ください
  • WEBからのお問い合わせ24時間受付

他の導入事例もご覧くださいOther introduction cases

top