fbpx
ゴルフランド|シミュレーター販売

個人宅でのシミュレーター導入事例

兵庫県の個人宅様にて、他社製品から弊社シミュレーター「JoyGolf Smart+」への入替作業を行いました!Smulator Case Studies

他社製品から弊社シミュレーター「JoyGolf Smart+」への入替
他社製品を設置されておりましため、スクリーン、プロジェクター等の再利用可能な備品類はそのまま使い、オートティ機能が備え付けられていたので使える部分は残し、若干の手を加えてご利用いただける状態に仕上げています。

今回導入させていただいたゴルフシミュレーターは以下のサイズに対応しています。

JoyGolf smart+ブースサイズ参考

クッションマットブース
  • 最小ブースサイズ幅2800×奥行5000×高さ2600
  • 標準ブースサイズ幅3500×奥行5500×高さ2900
  • 打席周りに障害物が無いスッキリ設計

ゴルフシミュレーター入替のポイント

センサー取付前
センサー取付位置を落としステージで調整

ブース自体は再利用できるのでそのまま残し、「JoyGolf Smart+」のセンサーを打席マットの位置に合わせて設置していきます。

設置場所の天井が段違いになっており、センサーが丁度段の部分と重なってしまうため、現場にて段違いになっている分だけ落としステージを作成し取り付け。

配線類は空配管に通して目隠ししたので、見た目も綺麗な仕上がりになりました。

オートティー調整工事
オートティー完成

既存のオートティーシステムをそのまま再利用したいとの希望でしたので、打席部を一部開口して仕組みがどの程度生きているかを確認。

劣化で噛み合っていなかった部分をメンテナンスし、スムーズにボールがティーアップされる状態にしました。

ボール溜まりの調整
廃材からパターラインを作成

既存のブースはスクリーンから打席部までに傾斜がつけられており、打ったボールが自然と転がってオートティに戻って来る施工がされておりました。

既存のままだとティーショット前面が弊社規定の寸法より短いため、溝に溜まったボールにセンサーが反応する恐れがありました。

これを回避するため、ヒッティング・スタンスマット入れ替え時に出た破材マットを加工し、パターラインを一部作り、戻ってきたボールで誤作動しないような工夫をしています。

機器調整
試打

最後に各部の調整を行い、施主様に試打を何度かしていただき納品完了となります。

ゴルフシミュレーターは日々進化しておりますので、古い他社製品から入替をご検討されているお客様はゴルフランドにご相談ください。

既存のブースで再利用できるものは微調整して使える状態にいたしますので、初期費用を抑えて最新の製品を導入させていただきます。

ゴルフシミュレーター導入の流れ

現場打合せ、スクリーン等部品発注、センサーテスト設置工事、動作チェック製品説明

スクリーン発注後、約2週間ほどで機器のお引渡しとなり、ブース設置工事は1~2日で完了いたします。

設置後のアフターケア

メンテナンスを別会社に任せているメーカーもありますが、弊社は営業担当者が設置工事にも携わっておりますため、製品のトラブル解決から「スクリーンや人工芝」などの消耗品の手配まで、自社が一貫してサポートいたします。

設置後のアフターケアに関しましては、打合せ時に担当者よりご説明いたします。

ご相談・お見積り・資料請求は無料です。
  • お電話での問い合わせ0120-276-668いつでもお気軽にご連絡ください
  • WEBからのお問い合わせ24時間受付

他の導入事例もご覧くださいOther introduction cases

top