fbpx
ゴルフランド|シミュレーター販売

ゴルフバーでのシミュレーター導入事例

11月27日、福島県にオープンするスポーツバー「アスリート」様に、弊社ゴルフシミュレーター「JoyGolf Smart+」を導入いたしました!Smulator Case Studies

弊社ゴルフシミュレーター「JoyGolf Smart+」を導入

今回の設置場所は、福島県いわき市に新規オープンするスポーツバー「アスリート」様のテナント2階です。

何度かご依頼いただいた設計会社様のお客様で、今回も弊社のゴルフシミュレーターを選んでいただけました。

設置場所のサイズ

設置場所図面準備中

図面を見ながら打合せしたところ、1階のフロアーだと狭くなってしまうので2階に設置する事となりました。

消防の関係で、クリーン、ネット、暗幕、プラ人工芝は防炎対応のものをご用意しました。

今回導入させていただいたゴルフシミュレーターは以下のサイズに対応しています。

JoyGolf smart+ブースサイズ参考

クッションマットブース
  • 最小ブースサイズ幅3000×奥行5000×高さ2700
  • 標準ブースサイズ幅3500×奥行5500×高さ2900
  • 打席周りに障害物が無いスッキリ設計

シミュレーターブース制作の流れ

施工前
角の梁に合わせてクッショッマットを加工

ブース施工前に人工芝を貼っておいていただき、クッショッマットを貼る部分は壁のクロスが無い状態にしていただきます。

今回の設置で一番の難関だったのが、部分的に飛び出した天井の梁部分です。

飛び出ている部分が途中で終わっているので、角に合わせてクッショッマットを加工して全体を覆ってボールの跳ね返りを防ぎます。

天井の梁を利用してセンサーを設置
スクリーンを貼って動作確認をする

「JoyGolf Smart+」は天井にセンサーが付くタイプなので、角の梁を利用してバランスよく設置していきます。

最後にスクリーンを貼り、動作確認でオーナー様に試打していただき、設置完了です。

■スポーツバー・アスリート
福島県いわき市宇田町73-2サンフラワービル1階
連絡先:0246-38-5550

ゴルフシミュレーター導入の流れ

現場打合せ、スクリーン等部品発注、センサーテスト設置工事、動作チェック製品説明

スクリーン発注後、約2週間ほどで機器のお引渡しとなり、ブース設置工事は1~2日で完了いたします。

設置後のアフターケア

メンテナンスを別会社に任せているメーカーもありますが、弊社は営業担当者が設置工事にも携わっておりますため、製品のトラブル解決から「スクリーンや人工芝」などの消耗品の手配まで、自社が一貫してサポートいたします。

設置後のアフターケアに関しましては、打合せ時に担当者よりご説明いたします。

ご相談・お見積り・資料請求は無料です。
  • お電話での問い合わせ0120-276-668いつでもお気軽にご連絡ください
  • WEBからのお問い合わせ24時間受付

他の導入事例もご覧くださいOther introduction cases

top